恋愛ハッピー

束縛彼氏への対処法5選

彼氏の束縛に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

束縛も可愛らしいものから思わず「そこまでする!?」と言ってしまいたくなるようなものまでさまざまです。

付き合ったばかりの時は「愛されてる証拠だから、仕方ないっか」と思っていても、長く続くと「そんなに信用されていないのかな?」など大きなストレスになってきますよね。

束縛してくる彼氏への対処法

ここでは、束縛彼氏への対処法5選ということで、束縛彼氏への対処法を5つご紹介していきましょう。

彼氏に自信をつけさせる

束縛してくる彼氏というのは、圧倒的に自分に自信がありません。

自分に自信がないから「他の男に取られるのではないか」と常に不安になって、それが束縛につながってしまうのです。束縛が強ければ強いほど、それだけ自信がないということなのです。

そのためにも、彼氏に自信をつけさせてあげましょう。好きな気持ちを言葉で伝え、彼氏のいいところを積極的に誉めてあげましょう。自信がつけば、彼氏の束縛も弱まっていくはずです。

絶対に連絡が取れない時間を確保する

束縛する彼氏というのは、連絡が取れないというだけで不安になるものです。

しかしながら、社会人であれば仕事で連絡が取れない時間というのは確実に出てくるものです。学生さんでもバイトの時間は連絡が取れません。

そういった絶対に連絡が取れない時間というものをあえて確保することによって、それを当たり前にしていくのです。連絡が取れない時間を徐々に伸ばしていけば、束縛も自然とゆるくなっていくかもしれません。

逆に束縛をし返す

目には目を歯には歯をということで、束縛をし返すのもひとつの方法です。

ただ、同じレベルでの束縛ではなく、彼氏を困らせるレベルの束縛を思いっきりしていきましょう。ストーカーみたいになっちゃっても大丈夫です。

彼氏を困らせることによって、「あ、自分もこういうことしてたのか」と気づきを与えることができます。ポイントは困らせるレベルの束縛です。

束縛に対する本音をぶつける

彼氏の束縛に対する本音をぶつけるのもいいでしょう。束縛は嫌だし、困るからやめてほしいと伝えれば、すんなり引くこともあるかもしれません。

中には「束縛されて喜んでるのかと思ってた」という彼氏の勘違いが発覚することもあるのではないでしょうか?

あえてルールを作る

あえてルールを作るのもひとつの方法です。ただ、彼氏の言う通りのルールではなく、彼女が中心となってルールを作ることが大切です。

自分にとって負担にならない程度のルールを作り、それを守って文句を言わせない・・・そういうスタイルに持っていくのです。

束縛彼氏への対処法まとめ

束縛彼氏への対処法5選ということでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

束縛彼氏に悩んでいる方は是非今すぐにでも実践してみましょう。