恋愛ハッピー

キスしたい!を男にさりげなく伝える方法

付き合って間もない彼氏とキスしたいけど...いつキスしてくれるのかな...。

または、まだ付き合ってないけど、ちょっと誘惑してキスしてもらいたい...!

「本当はキスしたいけど自分からは言えない・・・」という女性も多いのではないでしょうか?

さりげなくキスをおねだりする方法

ここでは、「キスしたい!」という気持ちをさりげなく男性に伝える方法についてご紹介していきましょう。

唇を指で触る

指先というのは自然と目で追ってしまうものです。さりげなく指で自分の唇の輪郭をなぞってみたり、指で自分の唇をプニプニといじってみたりすると、男性は嫌でも女性の唇を意識するようになります。

「触ってみたい」「キスしてみたい」と思わせることができるのです。あえて目を合わせながら小首をかしげて唇を指で触ってみてもいいかもしれません。

グロスや口紅で唇を強調する

男性に「キスしたい!」という気持ちを伝えるには、まず唇を意識してもらわなければいけません。女性であればメイクで唇を強調することができます。

グロスでツヤツヤぷるぷるの唇を演出するのもいいですし、大人の女性らしく真っ赤なルージュで決めるのもいいでしょう。ただし、どれもやりすぎないことが大切です。あくまでもキスしたくなる唇に仕上げるのです。

キスシーンの多い映画などを一緒に見る

キスシーンの多い映画などを一緒に見るのもひとつの方法です。一緒に見ているときにキスシーンがあるだけでもドキドキして意識してしまうものです。

そのキスシーンが多いとなると、自然とキスしたくなるものです。「キスしたい!」なんてハッキリと口に出さなくとも、男性のほうから自然とキスしてくれるかもしれません。

黙って見つめる

いろいろなパターンがあるとは思いますが、キスをするときというのはだいたいお互いに見つめ合うものです。

女性が黙って男性を見つめることによって、男性は吸い寄せられるようにそのまま自然にキスしてしまうかもしれません。

男性を黙って見つめながら、少しだけあごを上げるようなしぐさをしておくとさらに効果絶大です。

唇を舐める

男性はそれでなくとも女性が唇を舐めるしぐさにドキドキするものです。男性が見ているタイミングを見計らって、ペロッと自分の唇を舐めてみましょう。

このときにベロベロと舐めてしまわないように気を付けておきましょう。度が過ぎると男性も逆にキスする気をなくしてしまいます。

キスしたい!ことを伝える方法さいごに...

キスしたい!を男にさりげなく伝える方法ということでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

付き合っている彼氏だけでなく、お気に入りの男性をプチ誘惑するのにも使えますよ。

さりげなくキスしたい気持ちを伝えるときには、是非実践してみましょう。